• "丸ごと大相撲"
  • "丸ごと大相撲"

ちゃんこ鍋以外の力士の食事

鍋以外でもちゃんこ

大きくて力強い体を持つ大相撲の力士達。体重制限がない相撲では体格が大きいほど立会で強い武器になるだけではなく、丈夫な体は怪我の防止などにも役立ちます。力士たちはどのようにしてあのような体を作っているのでしょうか?激しい稽古はもちろんのこと、大きい体を作る上で重要なのが生活習慣と食事です。力士の食事の回数は基本的に昼と夜の1日2回となっていて、関取の1日を例にすると、朝は起床した後稽古から始まり稽古後の昼頃に1回目の食事をとり、その後昼寝をし夕方5時くらいから2回目の食事をとり、その後は自由時間で就寝というサイクルで1日を過ごしますが、幕下以下の力士はこの他にも土俵や食事の準備などがあります。朝に動くことで代謝が鈍くなり脂肪の燃焼が抑えられ、昼寝で脂肪の吸収率を高めるのです。

力士の食事といえばちゃんこ鍋が思い浮かび、鍋ばかりを食べているイメージがありますが、実は力士が食べる料理は全てちゃんこといいます。特に夕食は鍋以外を食べることも多いのですが、ステーキやラーメンなどの食事もちゃんことなるのです。1日2回の食事とは別に、もっと体を大きくしたかったり、夜にお腹が空いたら間食や外食などもしますし、焼肉を何十人前食べたりご飯を何十杯もおかわりしたりと力士の食に関するエピソードには驚かされます。力士にとって食事は自分を強くするための稽古の一環と言えるだけではく、激しいトレーニング後の楽しみでもあると言えます。