• "丸ごと大相撲"
  • "丸ごと大相撲"

相撲部屋における女将さんの仕事内容

女将さんの仕事

昭和時代からたくさんのドキュメント(密着)系番組などを通じて、相撲部屋の女将さんの仕事ぶりが紹介されてきました。
テレビ番組では、よく毎日大量の食材を買い込んで新弟子と共にちゃんこ鍋の支度をする様子やお祝いの席などに親方と共に出席する姿などが放映されています。
しかし、そういった事だけが女将さんの仕事ではありません。

相撲部屋の女将さんとは企業内で言うと経理担当者、または広報・IR担当者というような側面を持ち併せています。部屋全体を一つの家族として考え、収入・支出のバランスを細かく計算しながら赤字にならないようにうまく切り盛りしていかなくてはなりません。 また、親方や特定の力士に対する取材の申し込みを受けるか受けないかという意思決定や親方のスケジュール調整にも関わります。

その他、メンタルトレーナー(サポーター)や栄養士としての顔を持っているのも大きな特徴です。10代半ばから後半で上京して首都圏で暮らす力士や不調に苦しむ力士がいた場合に、家族や親方に替わって彼らのメンタルをサポートする事も必要になってきます。

そして、毎日の食べ物の良し悪しが巡り巡って各力士の勝敗・調子に関わってくるという事もあるため、栄養面に関する日々の勉強も欠かせません。

女将さんがこういった幅広い仕事を担当してくれることにより、各部屋の運営が成り立っているのは間違いないでしょう。