• "丸ごと大相撲"
  • "丸ごと大相撲"

環境と新弟子の修業の重要性

新弟子の環境と修行

大相撲の環境は序列的と言って間違いありません。番付が各々の力士の立場を築いています。

他のスポーツでは先輩・後輩の関係性であるとか、年齢差の配慮などが礼儀作法となっていますが、大相撲においては番付の変動で相撲部屋での地位や収入なども違ってきます。
そのため、先輩の力士が相撲部屋の中に居ても、ある力士が番付を上昇させて先輩の番付を上回ると、そのタイミングで立場が逆転してしまうことも珍しくありません。

例として、番付が上位の力士の付け人を先輩が行なうということも有り得ますので、結果主義の非常にシビアな世界と言えます。

入門して間もない頃に関しては、入門が近いもの同士が切磋琢磨するものの、僅かでも番付がUPしないとだんだん苦しいポジションになってしまう勝者の論理が通る世界です。

とりわけ相撲部屋の修業はハードと言われていて、実際のところ社会的な問題になった暴力的な事件などが発生しているのも事実です。ですが、特に新弟子時代に身体を作り込むことは大切で怪我が致命傷となるケースもあるため、柔軟運動にウエイトを置いています。

長期にわたって力士を務めるには柔軟度は必要不可欠ですから、基礎からじっくりと鍛え上げます。

相撲界で成功するためには、初期の厳しい修行が重要になると言って良いでしょう!