• "丸ごと大相撲"
  • "丸ごと大相撲"

大関や横綱になるために必要な条件は?

国技 相撲

大相撲において、ある力士が大関に昇進するには、日本相撲協会の審判部長からの要請で開かれた臨時理事会で昇進に問題がないと結論付けられることが条件となっています。実は明確な条件はこれだけであり、報道や中継で挙げられる勝利数などの条件はあくまで「目安」です。

現在は、関脇もしくは小結の地位に3場所以上連続でつき、直近3場所の通算勝利数が33以上であることが昇進の目安となっていますが、大関昇進をはたした力士の中にはこの目安に若干足りなかった者も少なくありません。

一方、横綱の場合、最終的に理事会で決定される点は変わりませんが、開催前に横綱審議委員会の答申を受けなければならない点が大関の場合とは異なります。この委員会は力士以外の有識者や好角家によって構成されている諮問機関で、ここで出席委員の3分の2以上が賛成すれば、推薦する旨の内容を理事長に答申し、臨時理事会が行われます。

過去、横綱審議委員会が推薦したときに理事会で昇進が見送られたケースはほぼ無いため、横綱審議委員会での審査結果によって昇進の可否は事実上決定するといわれています。

なお、横綱昇進に関しては、大関昇進後2場所連続優勝、もしくはそれに準ずる成績をあげることという内規が存在していますが、時代によってこの解釈は変化しています。